ジャンクフードの代わりになるものや小腹がすいたときの選択肢に!

メリットばかりのジャンクフード!困ったらこれでいいやって感じで選んでませんか?

「おいしいものは脂肪と糖でできている」と言われる通り、ジャンクフードは糖質・脂質過多になりがち。

そんな弱点を克服した、低糖質・低脂質なもの、さらには栄養を加えたヘルシーおいしいものをピックアップしてみました!

ジャンクフード代わりのものお探しのあなた。参考にしてみてください!

ヘルシージャンクフードの種類・製品

まずはヘルシーなジャンクフードを紹介!

悪い栄養バランスという弱点を修正し、ジャンクフード好きも楽しく食べられるようにしてくれた、救世主的存在の食品たち!

糖質オフ、脂質ゼロなど気になるものを下げたり、
食物繊維入り、ビタミンなどほしいものを加えたりしています。

企業努力の結晶、ヘルシーなジャンクフード製品をみてみよう!

日清/カップヌードルナイス(脂質半分、糖質4割オフのカップラーメン)

キャッチコピーは「こってりなのに、このカロリー」。
カップヌードルとして満足いく食べごたえなのに、カロリーを通常のカップヌードルから半分もカットしているのがカップヌードルナイス。

糖質を4割カットしてるだけでなく、脂質でさえ5割カットしているので、カップヌードルとしてはかなりヘルシーではないでしょうか。

味も3種類あって、飽きさせないのがうれしいですね。

カップヌードルナイスのヘルシーなポイント!

  • ノンフライ麺で脂質をカット、さらに食物繊維入り!
  • 味は3種類あり、飽きない
  • 糖質も大幅カットで糖分が気になるあなたも安心

(アイス)グリコ/SUNAO

キャッチコピーは「食べたいキモチにSUNAOしよ!」
食べたいなら食べちゃおうよ、というこのウェブサイトのメッセージに似たような製品。まさに私達のためにあるようなアイスです。

アイスはとっても美味しいのですが、砂糖を加えて甘くしているので糖質が気になるところ。

SUNAOは、糖質を5割もカットした、アイス好きを喜ばせるアイスなのです。

人気もあるのか、カップアイスにとどまらずコーン、モナカアイスに加え、
クッキータイプのお菓子まで登場。

デザインもかわいくて、食べたい気持ちに素直にさせてくれます。

グリコ SUNAOのヘルシーなポイント

  • 豆乳を使用、糖質は50%オフに成功!
  • アイスは全品約80キロカロリーとヘルシー
  • 食べたいときにぺろりと食べられて精神衛生上もヘルシー!

一見おやつ、だけど栄養もあって食べた感もある栄養調整食品・栄養補助食品

ジャンクフートは手軽に食べられるのが利点。その代わりとして紹介したいのが栄養調整食品です!これはいわゆる健康食品のこと。

シリアルやビスケットなどの食品で、袋を開いてさっと食べられるものになっており、手軽なだけでなく味も美味しいのが多いんです。

中には栄養バランスに優れたものも。忙しい朝とか、ごはんを食べる時間がないときにも、救世主のように役立つこともあります。

カロリーメイト/大塚製薬

ポカリスエットでおなじみの大塚製薬が生産・販売しているのがご存知カロリーメイト。バランス栄養食をうたう通り、クッキーのような、ショートブレッドのようなブロック状のお菓子の中に人間に必要な栄養素をいろいろと詰め込んでいます。

その登場年は、なんと1983年。そんな昔からバランス栄養食を生み出し、現在でも販売を続けるとは大塚製薬は見る目が違います。

コンセプト「バランスよく栄養を手軽にとる」を見事なまでに表現しており、その御姿は現代にも継承している、教祖的存在と言っても過言ではないでしょう。

ドラッグストアに行くと、130円~安いと100円近くになっていることもあり、買いだめして忙しいときのご飯代わりにもできます。

カロリーメイトは栄養がたくさんあってヘルシーなのですが、とはいっても低カロリーではありません。カロリーがあるのは、ちゃんと栄養が入っている証拠。

inバープロテイン(バニラ、ナッツ)/森永製菓

お菓子でも大人気の森永製菓からは、
タンパク質を多めに入れ、ワンハンドで手軽に食べられるようにしたのが『inバープロテイン』。

そのポイントは、「手軽にタンパク質補給」。

実は味もいくつかあって、中でも食べごたえのあるウェファータイプは、ご飯のちょい足し代わりにしてもいけます。

その他焼きチョコのタイプ、さらにヘルシーなグラノーラタイプも。

ウェファータイプ、グラノーラタイプにはそれぞれ味が2種類あって、選ぶ楽しさもありますよ。

コンビニでもカロリーメイトなんかと一緒に置いてありますので、ぜひみてみてください。

バランスパワー/ハマダコンフェクト

カロリーメイトに似たブロック状のお菓子で、味(フレーバー)が8種類ある選んで楽しい栄養補助食品です。
カロリーメイトと比べて柔らかく、カロリーメイトはどっしりとした存在感に対して、バランスパワーは密かに存在するサポーターという印象です(個人観)。

アーモンドカカオのように、上部にトッピングされたアイデア製品も。
ほかにもご飯代わりにもガッツリいけるビッグ、甘さを控え食物繊維を加えたプラスなど製品シリーズも豊富です。

カロリーメイトよりも安くてお得な感じがします。

クリーム玄米ブラン/アサヒグループ食品

ブランとは小麦の外皮で、食物繊維を多くいただけるヘルシーな素材。
これに玄米を合わせた健康に気をつける人も喜ぶクリームサンド系の食品。

食物繊維、カルシウム、鉄、マグネシウム、ビタミンA、ビタミンB群などなど栄養を豊富に盛り込んで、1袋(2枚)で167kcalのヘルシーな栄養調整食品です。

フレーバーも多くて選ぶ楽しさもあります。
個人的に好きなのがブラウニータイプ。少々高めにはなりますが、厚めの生地が食べた感もあっておいしいんです。

クリーム玄米ブランのシリーズ

たんにフレーバーが違うだけでなく、商品タイプが違うものも。お店でいくつか見比べてみよう。

メープルナッツ&グラノーラ

エネルギー167kcal
炭水化物 22.4g(糖質16g)
カルシウム 227mg
鉄 2.3mg
ビタミンB1 0.22mg

苺のブラウニー

エネルギー 157kcal
炭水化物 22.2g(糖質19g)
カルシウ 227mg
鉄 2.3mg
ビタミンB1  0.22mg

ジャム玄米ブラン ブルーベリー

エネルギー 119kcal
炭水化物 16.3g(糖質14g)
カルシウム 227mg
鉄 2.3mg
ビタミンB1  0.06~0.22mg

※掲示している栄養成分表示の抜粋は、参考までに一部のみ掲載しています。

小腹がすいたときのおやつ代わりになるもの

ちょっと小腹にコンビニのファストフードや菓子パンなどを、おやつ代わりに食べていませんか?

でもほかに食べるものが…
できれば糖質とか制限したいけど…
というあなたに、代わりに楽しめるおやつを紹介!

ジャンクフードの弱点である糖質・脂質をヘルシーにクリアしたものばかり!

今日からの買い物の参考にしてみよう。

アーモンドなどのナッツ

ナッツは糖質ゼロでビタミン・ミネラルありの万能おやつです。

アーモンドに限らず、クルミ、カシューナッツなどなど、健康美人が喜んで食べる栄養が詰まっているものがたくさんあります!

ナッツには油を使って炒ったものと、油を使わない素焼きの2種類があります。当然、ヘルシーなのは素焼きです。

コンビニでも品揃えが充実しています。

糖質が少なめのおやつ、パン

パンといえば、炭水化物&糖の塊のような存在で、ダイエッターや糖質制限する人にとっては悪魔にも見える存在に…。

その救世主が、糖質をおさえたパン。なんと、読んでそのまま、糖の塊であるパンから、糖を減らしたんです!

どうやったのかというと、素材そのものを変更しました。

いち早く目をつけたコンビニ大手のローソンは、ブランパンを発売。
パンといえば小麦粉。小麦粉といえば炭水化物です。
しかし、この小麦粉をブラン(小麦の外皮)にしたことで、炭水化物を大幅にカット!結果的に糖質を減らし、食物繊維を増やすことに成功しました。

低糖質なのにパンのやわらかでやさしい食感、食べごたえもしっかり再現。
2017年6月には、ブランパンシリーズの累計販売数が1億5千万を突破。みんなパンが食べたいわけです。

私も、サラダにちょっとなにか加えたいというときにブランパンを選んだりします。

栄養調整をしたバー・ブロックタイプの食品

カロリーメイトを筆頭に、バー・ブロックタイプの食品が増え非常に便利な世の中になりました!

最近とくに注目したいのがたんぱく質を盛り込んだタイプのもの。
『inバー プロテイン』の場合、1本あたり10gのたんぱく質を、片手で摂ることができるようになっています。

たんぱく質のためにいろいろと食材選びをして食べるのがベストなのですが、なかなかそうできるわけでもありませんね。

賢く選んでみてください。

inバープロテイン

さきほども紹介したたんぱく質を盛り込んだウェファー、または焼き菓子タイプの食品。
手軽にたんぱく質が摂れるだけでなく、食べた感があるのは本当にうれしいです。

ソイジョイ

キャッチコピーは「まるごと大豆」
小麦ではなく、大豆をつかったバータイプの食品で、非常にヘルシーなのが最高!

デスクに忍ばせて、お腹が減ったら食べるって感じにもお勧めです。

少し古い日本人なら「小腹がすいても我慢しろ」というかもしれませんが…

せっかくヘルシーなものも増えているんです。楽しみながら楽しんでしまおうではありませんか!
お腹がすいていたら満足に生活も送れませんよね!

ほかにも、以下の記事で紹介しているちょい足しにおすすめなものも、おやつ代わりにできると思います。

ちょい足しにおすすめ!ジャンクに加えて賢く栄養補填

 

ヘルシーと言えど注意点も(食生活に取り入れる前に読んで)

からだにいい○○ … 病気を治癒するものではない

あくまで「からだにやさしい」ということ。からだにいいとは言っても、「食べたら悪い体調が良くなる」みたいな薬的な効果力はないんです。

ジャンクフードに含まれる糖質・脂質は普通と比べてめちゃくちゃに高く、ひどいものは暴力的なまでのものも。
ヘルシーなジャンクフードとは、そんな弱点を克服したうれしい食べ物であるということです。

たとえ栄養が多くても食べ過ぎはNG

「からだにいい、栄養がたくさん」とは言っても、気にしておきたいのは添加物。こういった食品には、栄養と一緒に必ず添加物も入ってます。その量は少ないとは言え、食べ過ぎてもいいわけではありませんよ。

たとえばクリーム玄米ブラン、inバー、プロテインにはショートニングが使われていますし、
カロリーメイト、ソイジョイには食用油脂が使われています。

また、栄養の偏りや栄養の摂りすぎといったことになる可能性も。

基本はいろんなことを食べるということ。
たまには野菜、フルーツ、肉、魚、豆なんかも食べましょう。

栄養だけでなく、添加物も見ておこう

買ってかんたんに食べられるものには、添加物も必ずあると考えます。

添加物には、食品を腐らせないための保存料のほか、噛みごたえ、色味や味を調整するちょっと悪魔的なものまで様々。

食べて「なんやコレめっちゃおいしい!」と思えるものは、もしかしたら添加物のおかげかも…。

自炊がベストと言われるのは、この添加物が限りなく少なくできるから。それでも、冷凍食品を使えば同じことですね。

まとめ

気軽に食べられるのがうれしいジャンクフード。さらにヘルシーなものも増えてきて、今やしあわせな時代とも言えるかも!?

だからといって、それだけを食べるのはやはり偏りの原因に。いろんなものを食べるということは、念頭においておきましょう。
もちろん、いろんなジャンクフードを食べても糖質・脂質のオンパレードであまり意味はありません…

ジャンクフード好きなあなたには酷かもしれませんが、以下のようなやり方もご紹介しておきます。

  • たまにはサラダだけにしてみる
  • 魚や豆をチョイスしてみる
  • 食べようと思えない食べてみる

ジャンクフードをヘルシーに楽しむために、以下の記事もご覧ください!

当サイトで挙げるヘルシーとは、「からだにやさしい」という意味であり、食べることで健康を増進・病気を治癒するものではありません。食生活においては、主食・主菜・副菜を基本に、五大栄養素をバランス良く取り入れることが奨励されています。
ページの先頭へ戻る